パーソナルトレーニングとは?本当に効果はあるの?普通の運動との違いについて

上野で初心者におすすめ/下半身ダイエット/パーソナルトレーニングジムをお探しなら「Reawell」

ブログ

パーソナルトレーニングとは?本当に効果はあるの?普通の運動との違いについて解説

パーソナルトレーニングとは

パーソナルトレーニングとはそれまでのフィットネスクラブ・スポーツクラブとはコンセプトの異なるトレーニングです。

それまでの自主性に委ねられたトレーニングとは異なり、専属のトレーナーの元、オリジナルメニューをマンツーマンで取り組むことで高い効果が期待できることから人気を集めています。

そこで、そんなパーソナルトレーニングについて、本当に効果があるのかなど詳しくご紹介します。

パーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーニングは「運動できるサービス」という点ではフィットネスクラブやスポーツクラブと同じものではありますが、コンセプトは大きく異なります。

足を運び、あくまでも自分の意思で運動を自由に行えるフィットネスクラブ等に対し、パーソナルトレーニングはすべて管理されています。

利用者の状態や目標に合わせて、組まれたトレーニングメニューをパーソナルトレーナーと呼ばれる専任のインストラクターと一緒にこなします。

パーソナルトレーニングのメニューは「専用メニュー」

パーソナルトレーニングで提供されるトレーニングメニューは、基本的にオーダーメイド・利用者だけのものです。

一般的にパーソナルトレーニングは入会する際、30分から1時間ほど説明会が設けられ、身長や体重だけではなく、それまでの運動経験、食生活、ライフスタイル等から効果的とされるトレーニングメニューを立案します。

つまり、パーソナルトレーニングで提供されるトレーニングメニューは「オンリーワン」です。

誰もが同じトレーニングをこなすのではなく、利用者だけのもの。

より効果を引き出しやすようトレーニングメニューを、インストラクターと共に取り組みます。

パーソナルトレーニングはマンツーマン

一般的なフィットネスクラブの場合、エアロビクス等のスタジオプログラムに関してはインストラクターと同じ空間で取り組むことになりますが、マシンジムや有酸素運動に関しては基本的に自由です。

インストラクターに見守られているのも、トレーニング内容ではなくトラブルやアクシデントがないかですが、パーソナルトレーニングの場合、常に隣にいるインストラクターが目を光らせ、適正なフォームで運動が行われているかなどチェックしています。

サボることができないだけではなく、適正なフォームで正しく負荷をかけますので、自分だけで行うトレーニングよりも、正確に体に負担がかかることから、一人でのトレーニングよりも効果が期待できます。

パーソナルトレーニングは運動だけではない

パーソナルトレーニングの特徴として、運動面だけではなく食事面のサポートが挙げられます。

栄養に配慮したレトルト食品を提供しているパーソナルトレーニングジムもあれば、毎日食べた食事をスマホで撮影し、メール・LINE等で送ることがルールとされているパーソナルトレーニングジムもあります。

このように、多くのパーソナルトレーニングジムでは食事サポートも行っています。

カロリー過多であれば注意を受けることもありますが、それも利用者の目的達成のため。

特にダイエットは運動と食事のバランスが大切なので、運動面だけではなく、食事面までサポートすることで目的達成をより現実的にします。

パーソナルトレーニングのメリット

フィットネスクラブ・スポーツクラブとは異なる特徴を持つパーソナルトレーニング。

そこにはフィットネスクラブやスポーツクラブにはないメリットが多々ありますので、それらをご紹介しましょう。

「やらされる」ことで目的達成を実現

パーソナルトレーニングは専任のインストラクターとのマンツーマントレーニングです。

そのため、自主性は求められません。

インストラクターの指示通りに運動をこなす必要があります。

つまり「やらされる」ことになります。

このような言葉からネガティブなものを連想するかもしれませんが、やらされるからこそ、自分のモチベーションに関わらずに運動に取り組むことができます。

フィットネスクラブの場合、やる気がなければ休むのも自由ですし、そもそも足を運ばなくとも問題ありません。

会費さえ支払えば、足を運ぶ頻度など問われません。

しかしパーソナルトレーニングの場合は、インストラクターが叱咤激励してくれます。

自分の気分で自由に取り組むのではなく、インストラクターに「やらされる」ことになりますが、だからこそ自分の気分に左右されることなく自分を追い込み、より早く結果をもたらすことができるでしょう。

パーソナルトレーニングは「目的達成」がゴール

パーソナルトレーニングのゴールは運動そのものではなく、ダイエットや減量といった目的達成にあります。

目的達成のためにどれだけ運動で消費し、栄養を補給するのかを計算してトレーニングプログラムを構築します。

また、進捗状況次第ではプログラムを変更することもありますが、すべては目的達成のためです。

決してストレス解消や気分転換のための運動ではなく、目的達成のために必要な運動・トレーニングを計算しています。

決してインストラクターが適当に決めたものではありませんので、言われたことをしっかり実践していればゴールまで到達ができるでしょう。

ライフスタイルから総合的にチェックしてもらえる

パーソナルトレーニングの目的は理想の体というゴールを実現することです。

そのため、運動や食事はもちろんですが、ライフスタイルや運動能力等も十分に加味したトレーニングメニューを立案します。

例えば脂肪が多い人は脂肪燃焼効果の高い運動メニューを立案しますし、ダイエットよりも筋力アップを理想としている人には痩せるためのメニューよりも逞しくなるためのメニューを立案します。

運動頻度・メニューなども理想やライフスタイルから総合的に判断して立案します。

そのため、トレーニングメニューは「自分に合ったもの」になるでしょう。

人の目を気にする必要がない

パーソナルトレーニングも多様化しているのですが、個室で行われているパーソナルトレーニングの場合、他人の目を意識する必要がありません。

フィットネスクラブの場合、他の利用者も同じスペースにいますので、例えば軽い重量物でトレーニングを行っていると「軽いとバカにされているんじゃないか」と不安を感じたり、ランニングマシンでも速度が遅ければ「あんな速度で運動になるのかと思われているのでは」といった心配になる人ももしかするといるかもしれません。

しかし、パーソナルトレーニングでは、基本的に専任のインストラクターしかいませんので、周囲から視線を向けられる心配がありません。

運動内容だけではなく、汗っかきなので汗をかいている姿を見られたくない人や自分を追い込んでいる姿はできればあまり見られたくない人等も、パーソナルトレーニングであれば心配無用です。

汗をかいて化粧が落ちてしまったり、あるいはウェアが汗まみれになっている姿を見られることに嫌悪感を持つ女性もいらっしゃるかと思いますが、パーソナルトレーニングであればそのような心配はないでしょう。

パーソナルトレーニングを通して知識が身に付く

パーソナルトレーニングではトレーナーから運動面・食事面において様々なアドバイスを受けることでしょう。

それらが自分自身の知識となる点もメリットです。

基本的にパーソナルトレーニングは期間が定められたトレーニングですが、パーソナルトレーニング期間中にトレーナーから指導されて得た知識は、その後も自分自身でも実践できるでしょう。

器具を使わずとも取り組める運動や食事の知識は、パーソナルトレーニングを終了した後でも役立つはず。

目標の体を実現するだけではなく、知識を得ることで実現した理想の体をキープできる点もまた、パーソナルトレーニングのメリットです。

パーソナルトレーニングジムが多々登場しているので選択肢が豊富

パーソナルトレーニングは注目度の高まりを受け、様々なスタイルのジムが登場しています。

パーソナルトレーニングの草分け的存在の大手ジムから、女性専用や手ぶらで足を運んで取り組める点、駅から近い好立地を売りにしているジムもありますし、ダイエットや減量ではなく、ビルドアップを目的としたパーソナルトレーニングもあります。

このように、パーソナルトレーニングジムもまた、市場競争の原理のおかげで多様化が進み、利用者の選択肢が増えています。

痩せたいのか、逞しくなりたいのか、特定の部分だけ細くしたいのかなど、利用者の目的により強いパーソナルトレーニングジムを選ぶことで、より理想に近づくことができるでしょう。

パーソナルトレーニングのデメリット

パーソナルトレーニングにはメリットもあれば、いくつかデメリットもあります。

メリット・デメリット双方を理解し、自分に合っているのかを判断しましょう。

料金が高い

フィットネスクラブやスポーツクラブと比較すると、パーソナルトレーニングの料金は高額です。

市場競争の促進によって廉価な費用を設定しているパーソナルトレーニングジムも登場していますが、それでもまだまだフィットネスクラブやスポーツクラブと比較すると高いです。

そのため、「誰もが気軽に利用できるサービス」とは言い難いのも事実です。

しかしこの点は詳しくは後述しますがデメリットであると共に、メリットにもなる部分でもあります。

努力が必要

当然ですが、パーソナルトレーニングでは努力が必要です。

専任のインストラクターが理想や運動能力、ライフスタイル等を総合的に勘案して立案してくれたトレーニングメニューはこなせば理想の体に近づくことができるでしょうが、こなすためには努力が必要です。

一回のトレーニングでは自分を限界まで追い込むことになりますので、次の日まで疲労が残ったり、筋肉痛で悩まされることもあるでしょう。

また、食事が好きな人であれば制限が設けられた食事はストレスになるかもしれませんが、我慢・忍耐が必要です。

パーソナルトレーニングが期待できる理由

パーソナルトレーニングにはメリット・デメリットそれぞれありますが、それでもパーソナルトレーニングでは期待できる「理由」があります。

費用が高いサービスだからこそ

先にデメリット面でパーソナルトレーニングは費用が高いとお伝えしました。

確かに費用が高いと、利用するかで迷うことでしょう。

しかし、利用すると決めた場合には費用の高さがメリットになることもあります。

なぜなら、何もしなければ費用が無駄になります。

せっかく支払った費用を確かなものにするためにも頑張ろうと思う人は多いはずです。

もしも安価であれば、自分が思い描いていたものと異なる場合、「もういい」「向いていない」とすぐに諦めてしまうかもしれません。

しかしパーソナルトレーニングの費用は高いです。

多少向いていないとしても、「支払った分は頑張らないと勿体ない」との気持ちから、プログラムを頑張り、目的を達成できたという人も実際にいらっしゃいます。

「自分のため」のプログラムだからこそ

パーソナルトレーニングのトレーニングメニューは会員によって異なります。

カスタマイズされた運動・食事メニューは、実践さえすれば理想の体が生まれるものです。もちろん実践する努力が必要ですが、裏を返せば頑張って実践すれば理想の体が手に入る・近づくことができるプログラムです。

頑張っても目的を達成できるか分からないものではなく、頑張れば理想の体が手に入るプログラムを立案してもらっているのです。

後は自分自身が頑張るだけですし、専任のトレーナーも利用者が頑張れるようサポートしてくれるので、目的達成の可能性がさらに高まります。

「正しい」トレーニングだからこそ

食事にせよトレーニングにせよ、パーソナルトレーニングでは正しい方法の下で行われます。

フィットネスクラブやスポーツクラブでは自分自身で方向性を決めて実践します。

そのため、間違えている可能性もあるかもしれません。

間違えている方法では、頑張っても効果は期待することはできないでしょう。

その点パーソナルトレーニングでは、お客様の状態に合わせて正しい方法をレクチャーしてくれますし、仮にトレーニング方法が間違えている場合、その場で修正してもらえるので、常に正しい方法でトレーニングを行うことができます。

つまりはより結果に結びつきやすいと考えられます。

まとめ

パーソナルトレーニングは従来のフィットネスクラブやスポーツクラブとはコンセプトが大きく異なります。

あくまでも場所を提供し、会員の自主性に委ねているフィットネスクラブやスポーツクラブに対し、パーソナルトレーニングは目的達成までのエスコートをサービスとしています。

そのため、指示を出され、こなすことが求められますが、実践することで理想の体が手に入りやすい点こそパーソナルトレーニングの特徴。

これまで自分だけの体づくりが失敗続きだった人は、パーソナルトレーニングをチェックしてみてはいかがでしょうか。

パーソナルトレーニングのことなら上野のジム「Reawell」へご相談を

トップページ

https://pts-reawell.com/

Reawellと他のジムとの違い

https://pts-reawell.com/first/

料金&システム

https://pts-reawell.com/price/

住所

東京都台東区東上野3-32-14 9階
JR「上野駅」中央改札口より 徒歩7分
東京メトロ銀座線「稲荷町駅」徒歩1分
つくばエクスプレス「新御徒町駅」A3出口より徒歩5分
ブログ一覧